軽自動車 書類

必要書類は少しだけ減ります

軽自動車,書類

 

 

車査定とは、何も普通自動車だけに限った話ではありません。

 

人によっては、軽自動車を長く愛用し、古くなったので売却しようというケースもあるのです。

 

ここでは、軽自動車を売却する際に、どういう書類が必要になるかについて触れていきます。

 

軽自動車の売却においても、車検証は必ず必要になります。
もちろん、この場合に必要な車検証は、軽自動車用の車検証であることは言うまでもありませんが、軽自動車の売却でも車検証が必要な理由があります。
それは、車検証を確認することによって、売却をしたい本人の現住所や氏名などが記載されているがゆえに、本人確認が可能だからです。
これによって、赤の他人が本人になりすまして車査定をするというリスクを回避できます。

 

自賠責保険証明書が必要なのは、言うまでもありません。
納税証明書も必要になるのですが、これは軽自動車用の納税証明書であることが求められます。
普通自動車同様、預託済みであればリサイクル券も必要です。
そして、売却当日は、印鑑を持参しましょう。

 

ここまでは、普通自動車売却の際に必要な書類とほとんど変わりません。
では、違いは何でしょうか。

 

それは、印鑑登録証明書が不要なことです。
これは、軽自動車の場合、普通自動車の場合と比べて、そこまで厳密でなくても十分に本人確認ができるからです。
車検証や自賠責保険証明書でも十分に本人確認の書類となるのです。
印鑑登録証明書が必要でない分、それを取り寄せるだけの手間がかからなくて済みますが、それでも必要な書類は確実に用意してこそ、意味があるのです。


軽自動車売却時の必要書類関連ページ

査定時の必要書類
査定時に必要な書類は大きく分けて2つあります。
普通自動車売却時の必要書類
まずは普通自動車を売る時に必要な書類について見ていきましょう。
特殊な状況での必要書類
特別な状況、事情の場合はその他にも書類が必要となります。