査定時 必要書類

査定時に必要な書類とは?

査定時,必要書類

 

 

車査定においては、必要な書類が存在します。その時その時によって、どのような書類が必要になるのか変わってくるので、それぞれのタイミングにおける必要書類を正確に知っておく必要があるのです。

 

ここでは、査定の段階でどのような書類が必要になってくるのかについてお話します。

 

 

インターネット上の査定の際には、必要な情報を入力して概算金額を見積もってもらうだけなので、特にこれと言って書類は必要ないですが、実際の対面式の査定となると、そうはいきません。
対面式の査定をする前に、予め書類を用意しておきたいところです。

 

査定の際に必要な書類は、大きく分けて2つあります。

 

1つ目は車検証です。
車検証というのは、その車が保安基準を満たしているということを客観的に証明することができるため、売却したい車が安全であるということの証明にもなるのです。

 

2つ目は、自賠責保険証です。
自賠責とは、自動車損害賠償責任の略で、これに加入することで、万が一の人身事故などを起こした場合でも、事故を起こした車が加入している保険から保険金が下りるようになるのです。
自賠責保険は、どのような人でも、車を使用する際には加入しなければいけません。
もしこれに加入しないで運転した場合は、重大な法律違反となります。

 

いづれも普段から車を運転する際に大切に保管してある人がほとんどでしょう。もし今の地点で書類を整理していない場合は、査定の時にあわてることがないように、普段から整理しておく方が良いのです。

 

 

>>車の査定.asia


査定時の必要書類関連ページ

普通自動車売却時の必要書類
まずは普通自動車を売る時に必要な書類について見ていきましょう。
軽自動車売却時の必要書類
軽自動車の場合は、普通自動車よりも必要な書類が少なくなります。
特殊な状況での必要書類
特別な状況、事情の場合はその他にも書類が必要となります。