普通自動車 書類

普通自動車を売る時に必要な書類とは

普通自動車,書類

 

査定の際には、車検証と自賠責保険証の用意が必要でしたが、車査定を終え、いざ売却となる場合、必要な書類は更に増えます。

 

しかも、どういう車を売却するかによって、必要書類が変わってくるため、売却する車の種類に応じて必要な書類を確認していきましょう。

 

ここでは、普通自動車を売却する際に必要となる書類について学んでみましょう。

 

まず、車検証と自賠責保険証が必要なのは、言うまでもありません。
この2つの書類が揃っていなければ、全く話になりません。
もしこの地点で、車検証ないしは自賠責保険証を紛失していた場合、再発行をしてもらう必要があります。
再発行についてですが、車検証は運輸支局で、自賠責保険証は買い取り店で手続きができます。

 

これ以外に必要な書類について見てみましょう。
まず、自動車税納税証明書です。
これを提出することによって、自動車税を滞りなく納めていることを証明できます。

 

次に、印鑑登録証明書です。これは、売却をする本人であることの客観的証明になります。
但し、印鑑登録証明書については、発行してから1ヶ月以内であることが必須条件になりますので、その点は注意が必要です。
うっかりして期限切れになっていたということがないようにしましょう。

 

書類ではないですが、印鑑も必要です。
査定額に納得し、売却をする場合、全ての条件に納得したという証明として押印するからです。

 

場合によっては、リサイクル券という書類が必要な場合もあります。
ただし、あくまでもそれは預託済みの場合のみで、預託済みでなければリサイクル券は必要ありません。

 

 

>>車の査定サイトをお探しなら


普通自動車売却時の必要書類関連ページ

査定時の必要書類
査定時に必要な書類は大きく分けて2つあります。
軽自動車売却時の必要書類
軽自動車の場合は、普通自動車よりも必要な書類が少なくなります。
特殊な状況での必要書類
特別な状況、事情の場合はその他にも書類が必要となります。