車体 キズ

ボディに傷があったら

車体,キズ

 

 

車内のチェック及び車外のチェックを一通りやってみると、傷などが残っている箇所とそうでない箇所との区別がつくことでしょう。

 

特にボディに傷があったりすると、どうしたら良いのか非常に焦りを感じることも決して少なくないでしょう。

 

ボディの傷については、どうしても修復が難しい部分もありますが、何の対処もしないで車査定に出すのと、何かしらの対処をして車査定に出すのとでは、非常に大きな違いがあるのです。

 

ここでは、ボディに傷がある場合、どういう対処をしたら良いのかについてお話しをします。

 

 

車査定の前に是非心がけておきたいこと、それは、洗車と車内清掃とワックス掛けです。
この3つで1セットと考えた方が良いでしょう。

 

まず、洗車についてです。
洗車についてある程度慣れているなら、自宅でセルフで洗車して問題ありません。
逆にあまり慣れていないなら、ガソリンスタンドなどに足を運び、洗車マシンを使って洗車をしても大丈夫です。
その場合はガソリンスタンドのスタッフの方が手伝ってくださいます。
洗車をすることによって、傷を発見した場合、コンバウンドで磨けば、ある程度の傷については目立たなくなります。

 

次に車内清掃です。
この際、掃除機を入念にかけ、埃やゴミがあれば、しっかりと取り除きます。
シートにシミがついている場合は、シート用の用具できれいにし、シミが目立たないようにします。

 

そして、最後にワックス掛けです。
ワックスをかけることで、ボディに艶が出てくるので、見違えるほど綺麗になります。

 

このように、洗車、車内清掃、ワックス掛けを行うことにより、ボディのケアが入念にできるのです。


ボディの傷への対処関連ページ

車内のチェック
自動車査定士さんの印象を良くするためにも車内のチェックをしておきましょう。
車外のチェック
車内の次は車外もチェックしてみましょう。
車検の期間の確認
次の車検まであとどのくらいかを確認しておきましょう。
ローンの確認
ローンが残っていないか確認しておきましょう。もし残っていたら手続きが必要になります。