車外 チェック

もちろん車外も要チェック

車外,チェック

 

車内のチェックを入念に行っていくと、意外にきれいな状態を保つことができるのです。

 

車内のチェックがある程度終わったら、次は車外のチェックにも力を入れてみます。

 

車外は車内よりも目につきやすくなるので、車外のケアをいかに行うかという点についても、車査定においては外すことのできない重要なポイントとなります。

 

では、どのような点がチェック対象になるのか見てみましょう。

 

まず、車の外装に関連する項目です。車のボディに大きな傷や凹みがないかどうかチェックします。
この傷や凹みですが、大きければ大きいほど、大きな減点となりますが、年式が古い車を長年乗りこなしてきたにも関わらず傷や凹みが少ししかない場合は、そこまでマイナスとはなりません。
この際、傷や凹みはもちろんのこと、塗装に極端なムラがあったり、劣化がひどい場合も査定に影響します。

 

傷や凹みをチェックする際、車を何か土台の上に乗せてチェックしてはいけません。
というのは、土台の跡が車に残ってしまうので、かえって大きな傷がついてしまうからです。

 

傷や凹みのチェックが終わったら、今度はドアのチェックを行います。
具体的にはドアを手で開けてチェックをするのですが、この際にスムーズに開けば大丈夫です。
ただし、ドアを開けた際に、板金の跡が残っている場合もありますので、その際には注意が必要です。
というのは、板金の跡が目立つ場合は、修理を行ったことのある車とみなされるからです。

 

そして最後にエンジンルームのチェックをします。
オイルが漏れていないか、板金跡や修正跡がないかどうかを入念にチェックしておきましょう。

 

 

>>車査定で迷ったらここ!


車外のチェック関連ページ

車内のチェック
自動車査定士さんの印象を良くするためにも車内のチェックをしておきましょう。
ボディの傷への対処
もし車のボディに傷がついていたらどうすれば良いのでしょうか。
車検の期間の確認
次の車検まであとどのくらいかを確認しておきましょう。
ローンの確認
ローンが残っていないか確認しておきましょう。もし残っていたら手続きが必要になります。