下取り 定義

下取りの定義とは?

下取り,定義

 

 

車査定、買い取り、下取り、いづれも定義を異にする言葉ではありますが、3番目の下取りとは一体どういう意味なのか、考えれば考えるほど、非常に気になることでしょう。
人によっては難しく感じることもあるのですが、シンプルに考えて問題ありません。

 

では、下取りの定義について見てみましょう。

 

下取りも買い取り同様、車の価値を査定する作業は行われます。
しかし、下取りでは買い取りのように価値を現金に換えてもらうことはしません。
その代わり、査定の結果出た価値を、次回新しく車を購入する際に必要とされる資金として充当させることが可能です。
また、車の購入や維持に付属するサービスやオプションとして利用しても大丈夫です。

 

下取りには大きなメリットがあります。
それは、無駄な手間や時間が省かれるということです。

 

どういうことか考えてみましょう。
下取りにおいては、あくまでも新しい車を購入するということを当然の前提として依頼することになるので、売却と購入が同時に行われるのです。
しかも、新しい車の購入の手続きに関しては、古い車の売却と同時にまとめて行います。
このように考えてみると、手続きの面でも煩雑さがなくなり、車を持っていない不便な期間もなくなります。

 

ただし、デメリットもあります。
それは、車査定の際の査定額としては、買い取りの時ほど高くは出ないのです。
これについては仕方のないことですが、時間と手間が少なくて済む分、買い取りとの差はその手数料だと見切る方が良いでしょう。

 

 

>>車の査定.asia


下取りの定義について関連ページ

車査定とは
車査定とは、そもそも何? 車査定の定義についてご紹介します。
買取の定義について
車査定の後は買取、もしくは下取りされます。ここでは買取の定義とメリット・デメリットについてご説明しています。
手順を知る
車査定を依頼するときはどのような手順を踏んでいくのでしょうか?
査定のポイントを知る
車の査定ポイントは外見的要素、数字、人気度にあります。