査定前 車検

車検をするとトータルではマイナスなんです

査定前,車検

 

 

車を売却する理由として、車検が満了になることを挙げる人も多くいます。

 

というのは、車検に通したことのある方ならご存知でしょうが、2年ごとに車検に入ることが義務づけられているため、車検に入るたびに費用がかかるので、無駄な費用をかけたくないと考えるようになるのです。

 

しかも、車は消耗品ですから、使用すれば使用するほど劣化しますし、それだけ修理にかかる費用も大きくなりますから、そこに車検の費用が加われば、費用のことを決して侮ることはできません。

 

では、査定前に車検に通した方が良いのでしょうか。
ここでは、査定前の車検がおすすめか否かについてお話をします。

 

結論から言えば、査定前に車検に新たに入る必要はありません。
車検の有効期間の確認は必要ですが、車検を行ってから査定を行うのは、実は効果的ではないのです。

 

その理由についてお話しましょう。
まず、車検に通したからと言って、査定額が大幅にアップすることはありません。
しかも、車検に通すと、一回当たり約10万円から20万円は車検費用が発生すると言われています。

 

このように考えてみると、査定の段階で高い金額が出たとしても、車検に通してしまえば、結局得になる分が少なくなるのです。
それどころか、車検費用でマイナスになってかえって損をしてしまうのです。

 

そのため、車査定のためだけにわざわざ車検に通すのは、おすすめできないのです。
それだったら、オイル交換やエレメント交換で査定額のアップを狙う方が、はるかに実践的であると言えます。

 

 

>>査定前にココをチェック!


査定前の車検関連ページ

一社の見積もりだけでの即決
車査定は数社に見積りを出して、条件の良い業者を選びましょう。
査定前の修理
査定前に修理をして査定額UPを狙っても修理代を考えると差し引きマイナスになってしまいます。
新年になってからの売却
車の年式を考えると、年をまたぐ前に売却した方が良さそうです。
査定を先送りにする
車の売却は、売ることを決めたらできるだけ早くが鉄則です。
査定額有効期間の未確認
中古車の査定額は日々変わっていきます。査定額は有効期間があるので気をつけましょう。