見積り 即決

複数の業者で見積りをしましょう

見積り,即決

 

 

車査定は非常に便利なものです。

 

見積もりを依頼することに対して金銭的な負担が発生することはないし、見積もり方法によっては、様々な業者を一斉に比較することができるため、本当に便利なことこの上ないのです。

 

しかし、車査定の際に、やってはいけないことが存在します。

 

ここでは、車査定での禁じ手ということでいくつか紹介していきますが、まずは、一社の見積もりに関するお話をします。

 

見積もりの際、一社の業者だけの査定額を出す方法として、単独査定があるということは既に学んだとおりですが、この単独査定において、気をつけておきたいことがあります。

 

それは、一社の見積もりだけで即決をするという行為です。
それがどうしていけないのでしょうか。
それは、査定を依頼した業者以外の業者の情報が全くなく、その分知らないうちに損をしている可能性が高くなるからです。

 

単独査定では、ある特定の業者の査定額しか知ることはできませんから、どうしても得られる情報に限界があるのです。得られる情報が十分でなければ、市場の動きなどは全く分からず、低い査定額で満足して車を手放すことになるので、非常にもったいないのです。
これで交渉の場に話を持っていったとしても、他社の状況が全く分からないので「A社ではいくらだったから、もっと高く査定できないのか」などという風に説得力のある交渉ができません。

 

ではどうしたら良いでしょうか。
単独査定の場合、必ず複数の業者の見積もりをしましょう。
多少面倒に感じるかもしれませんが、知らなかった情報を得られるということは、自分にとっては非常に得をしているのです。
手間がかかっても、無駄ではないのですから、一社だけの見積もりで即決よりははるかにマシなのです。


一社の見積もりだけでの即決関連ページ

査定前の車検
査定前に車検をして評価額を上げても、車検費用で結局はマイナスになってしまいます。
査定前の修理
査定前に修理をして査定額UPを狙っても修理代を考えると差し引きマイナスになってしまいます。
新年になってからの売却
車の年式を考えると、年をまたぐ前に売却した方が良さそうです。
査定を先送りにする
車の売却は、売ることを決めたらできるだけ早くが鉄則です。
査定額有効期間の未確認
中古車の査定額は日々変わっていきます。査定額は有効期間があるので気をつけましょう。