車査定 先送り

査定を先送りにすると・・・

車査定,先送り

 

車は一度販売を開始したら、ずっと同じモデルであるとも限りません。

 

自動車メーカーとしては、時代の流れに合ったより高品質な車を提供しなければ、車業界の競争において勝つことができません。

 

ということは、自動車メーカーは、いわゆるモデルチェンジを行うことによって、既存のデザインの車に何かしらの改良を加えるようになります。

 

例えばですが、デザインを変えたり、新しい機能を追加したり、より環境に優しい車になったりと、様々な観点から改良が加えられるのです。
そして、モデルチェンジした後は、モデルチェンジされた新しい車の方に、顧客はより惹かれるようになるのです。

 

これは一体、どういうことを意味しているのでしょうか。
実は、車査定において得をするヒントが隠されていると同時に、禁じ手が何であるかということを学べるのです。
モデルチェンジ後の車により人気が出るということは、裏を返せば、モデルチェンジをする前の旧型のモデルの車に関しては、あっという間に人気が薄れてしまうということでもあります。

 

ならば、「モデルチェンジした後に車査定に出してもいい」みたいな先送りの姿勢での査定は、高額な見積もりは出してくれないのです。
車を売却したいと思ったら、その地点で査定に出す方が得なのです。思い立ったが吉日ではないですが、査定のタイミングを先送りして得をすることは何もありません。

 

モデルチェンジをするタイミングを見抜くのは難しいことですが、先送りの査定を防ぐだけでも、だいぶ変わってくるものなのです。

 

 

>>今すぐ査定するなら!


査定を先送りにする関連ページ

査定前の車検
査定前に車検をして評価額を上げても、車検費用で結局はマイナスになってしまいます。
一社の見積もりだけでの即決
車査定は数社に見積りを出して、条件の良い業者を選びましょう。
査定前の修理
査定前に修理をして査定額UPを狙っても修理代を考えると差し引きマイナスになってしまいます。
新年になってからの売却
車の年式を考えると、年をまたぐ前に売却した方が良さそうです。
査定額有効期間の未確認
中古車の査定額は日々変わっていきます。査定額は有効期間があるので気をつけましょう。