査定額 有効期間

有効期間を確認しましょう

査定額,有効期間

下取りの予定であれ、買取の予定であれ、車査定には、査定額の有効期間というものが存在します。

 

一度査定をしてもらったら、その査定額がずっと有効になることはなく、その査定額はある一定の期間しか有効ではないのです。

 

この査定額有効期間ですが、ほとんどの人の場合、査定の段階で高い金額を見積もってもらうことでいっぱいになるため、あまりケアされていないのが現状です。
業者がいつまで査定額が有効か伝えたにも関わらず、全くケアできていないのです。
つまり、査定額有効期間を確認していないがために、思わぬ不利益を被ってしまうのです。

 

では、査定額有効期間ですが、具体的にはどれぐらいの期間を設けているのでしょうか。
これは、査定業者によって変わってきますが、スパンが短い場合ですと約1週間、長い業者など約2週間のスパンを設けていることが多いのです。
この査定額有効期間のことを初めて耳にした人にとっては、どうしてそんなに短いのか驚いたことでしょう。

 

やはり、これだけ短い期間で設定されているのにも理由があります。
近年は、市場の変化が著しくなりつつあります。昨日まで当たり前のことだったのが、今日は当たり前ではない、そういう時代なのです。
それに伴って、顧客ニーズも時々刻々と早いペースで変化しているのです。

 

査定額有効期間の確認は、査定を申し込んだ本人が欠かさず行うものです。
未確認が原因で損をしたとしても、決して査定業者のせいにしてはいけません。


査定額有効期間の未確認関連ページ

査定前の車検
査定前に車検をして評価額を上げても、車検費用で結局はマイナスになってしまいます。
一社の見積もりだけでの即決
車査定は数社に見積りを出して、条件の良い業者を選びましょう。
査定前の修理
査定前に修理をして査定額UPを狙っても修理代を考えると差し引きマイナスになってしまいます。
新年になってからの売却
車の年式を考えると、年をまたぐ前に売却した方が良さそうです。
査定を先送りにする
車の売却は、売ることを決めたらできるだけ早くが鉄則です。