査定前 修理

修理費用を考えると・・・

査定前,修理

 

 

 

査定前に車外、車内のチェックをし、車査定に備えることは、非常に効果的です。

 

というのは、売却したい車を入念にチェックすることで、車についてしまった傷や凹み、汚れなどを発見することができるからです。

 

 

その際、ワックス掛けや清掃などで、査定の際に悪い印象の原因となる要素を取り除くことはできますが、実際に大きな傷や凹みを発見した場合、修理に出してから査定に出した方が良いのでしょうか。

 

ここでは、査定前の修理の是非について触れておきます。

 

売却したい車の見かけを良くするために修理に出すということは、査定額がアップするので効率が良いと思われがちですが、実際はその逆なのです。
確かに、修理に出せば、それだけ車がまともに見えますが、修理に出したところで、査定額がアップする保証が一体どこにあるのでしょうか。

 

一度修理に出すと、修理内容にもよりますが、一般的には何万円という単位で修理費用が発生するものなのです。
そう考えてみると、仮に査定額がアップしたとしても、ほんの数千円しか変わらないのに対し、修理費用だけで数万円と飛んでしまうのですから、リスクとリターンの割合があまりにも良くないことが分かるでしょう。
修理費の元が取れるほど、そこまで得をしないのです。

 

では、査定前に傷や凹みがひどい場合の修理はどうしたら良いのでしょうか。
修理費でかさむ場合は、修理に出す必要はなく、そのまま査定に出してしまうのです。
傷や凹みで減点されてしまうかもしれませんが、修理費でかかるよりははるかに得です。
査定前に修理に出さなかった結果、査定額が高くなくても、決してがっかりすることはありません。

 

 

>>その車査定、ちょっと待った!


査定前の修理関連ページ

査定前の車検
査定前に車検をして評価額を上げても、車検費用で結局はマイナスになってしまいます。
一社の見積もりだけでの即決
車査定は数社に見積りを出して、条件の良い業者を選びましょう。
新年になってからの売却
車の年式を考えると、年をまたぐ前に売却した方が良さそうです。
査定を先送りにする
車の売却は、売ることを決めたらできるだけ早くが鉄則です。
査定額有効期間の未確認
中古車の査定額は日々変わっていきます。査定額は有効期間があるので気をつけましょう。